潮嶽神社(うしおだけじんじゃ)の概要

「潮嶽神社縁起」によれば

主祭神、火闌降命(海幸彦の命)は海幸・山幸の争の時、磐般で乗り潮嶽の里にお着きになり、ここに宮居を定められたと伝える
また海幸・山幸の争いに因んで縫い針の貸借がタブーとされ、初宮詣にあっては、額に犬の字を書くいう隼人の宮廷奉仕の古俗を偲ばせる習俗がある
魚釣舞を含む潮嶽神楽や神武東征の折、別れを措しみ里の乙女が舞ったことに由来する御神子舞等の神事芸能も現存し、祭典時には大マグロや十数頭の猪頭も奉奠されるなど海幸・山幸の御祭神の御神徳に因む漁業や狩猟の信仰が厚い
遥か神代の息吹が悠久の時を経て、今なお伝承遺跡・習俗・神事芸能・信仰などの信は的コスモスを形成している江戸時代正保の頃に火災に遭い古文書等の資料が失われた為,それ以前のことは、つまびらかでないが、口碑によれば社殿の創建は神武の朝と伝えられ、旧称は潮嶽大権現。海幸山幸の神農耕の神開運・心願成就の神・郷土の産土神(隼人の祖)と共に日向三権現として崇敬されてきた。藩政時には社録が付され、大祭には飫肥藩主・伊東公より太刀一口・並びに幣帛料が奉納された明治維新の後は潮嶽神社と改称し今日に至っている。
主祭神はニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの間に生まれた日向神話ゆかりの神ホデリノミコト(海幸彦)潮嶽神社(旧称潮嶽大権現)は全国で唯一、海幸彦を祀る神社なのです。

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて6年目に入りました。普段は建設業の仕事をしつつ休みを利用して活動しています。これからも、少しでも日南市を全国の人に知っていただくために頑張っていきたいと思います。

ヨシユキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

潮嶽神社(うしおだけじんじゃ)のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介