旧伊東伝左衛門家の概要

天保12年ごろ(1841)の城下絵図では伊東伝左衛門とある屋敷地の建物で、19世紀初めの建築と推定される。材料、工法ともに飫肥城下の上級家臣の武家屋敷の典型的な建物としての評価は高い。庭園や外構の石垣もよく保存されている。

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて6年目に入りました。普段は建設業の仕事をしつつ休みを利用して活動しています。これからも、少しでも日南市を全国の人に知っていただくために頑張っていきたいと思います。

ヨシユキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旧伊東伝左衛門家のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介