風田神社の概要

風田神社の由緒・御祭神(豊玉依姫命)(須佐之男命)
日本書記によると、天孫ヒコホホデミノ尊がワダツミの神の娘豊玉姫を妻に迎えられ天孫の御子を海辺にて産むことを希望され、現在の鵜戸の岩屋にて鵜戸神宮の祭神ウガヤフキアエズノ尊を出産された
出産に際し夫と約束したことを夫が守らなかったことで御子の養育を妹玉依姫(宮浦神社祭神)に託されたこのときの豊玉姫の御歌 赤玉の光はありと人は言えど君が装し貴くありけり
そして豊玉姫は夫と別れて亀に乗ってこの風田川を登り居住され、のちにその地に姫を偲んで地元民は川上神社を建立し祭神として祀られ信奉篤く現在も元宮と尊ばれている。明治の世になり野中神社と合祀されてこの奥風田の左側に新たに社殿を建立し鎮座された当時は社殿は海の方を向いていたと伝えられている地元ではこの伝説を尊んで亀は神の使いと信じられ食さなかったと古老は伝えている
この地方にわ鵜戸神宮の祭神縁り深い神社が点在し徍古偲ぶ神社としてその一社である(日本書記と地元に伝わる伝説)

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて6年目に入りました。普段は建設業の仕事をしつつ休みを利用して活動しています。これからも、少しでも日南市を全国の人に知っていただくために頑張っていきたいと思います。

ヨシユキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

風田神社のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介