鯨魂碑(げいこんひ)の概要

江戸時代に嵐が続き漁村油津は不漁で近郷近在の人々は餓死寸前にあったという。その時、油津の浜に巨鯨がうちあげられ、人々は天の助けとばかりに、はしごをかけて皆で分けあって飢えをしのいだという。しかし、この大きい鯨は子供を宿していた為、人々は鯨の恵みに感謝し、親鯨の目玉と子供鯨を手厚く弔い供養した。その後は大漁が続き今は飢えに苦しむことはなくなったという。この碑は明治五年、旧正行寺から現在地に移された。

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて6年目に入りました。普段は建設業の仕事をしつつ休みを利用して活動しています。これからも、少しでも日南市を全国の人に知っていただくために頑張っていきたいと思います。

ヨシユキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

鯨魂碑(げいこんひ)のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介