油津赤レンガ館の概要

油津赤レンガ館は現在の日南市油津に1922 (大正11)年、材木商の倉庫として建てられた。約22万個のレンガを使った3階建てで、延べ床面積は331㎡。1階中央通路の天井をアーチ型にレンガを組むなど、大正期のモダンな面影を残している。同敷地内には江戸末期に建てられた母屋があり、1998年に文化庁の登録有形文化財に揃って指定された。

赤レンガ館は1997(平成9)年に競売にかけられようとしたが、地元の有志31人が「合名会社赤レンガ館」を設立して2500万円で買い取り、2004年3月に日南市に寄付した。

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:キヨハル

MIRANKA代表のキヨハルです。日南市ナビがみなさんのお役に立ち、日南市を多くの方に知ってもらえる事を願って頑張ってます!

キヨハル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

油津赤レンガ館のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介