ある船長のは〇し 

長雨がやっと終わりお天気の日が戻ってきました。

雨の日は道具を手入れしたり釣りビデオ鑑賞でしたか。

先日オダギリジョー監督の作品が有ったので鑑賞してました。

ある船頭のはなし  皆さん観られましたか。

『あの船頭さんは多くは語らないが・・・・。』『風が吹けば船は流される

世の中も少しの風で流される。』この船頭役を演じられた柄本明さんの台詞が

私は、こじつけでも最近の近況になにか響いたものがありました。

 

さて、晴れれば日中の最高気温が30℃以上になる残暑厳しい中で皆さん

釣りに来てくださいます。海況は連日下り潮激流  南風 それでも波高が穏やか

釣りに来て一日のんびり過ごして貰えば、それで十分ですが少ない釣果でも

意外な高級漁をお土産に釣って感激も有りです。

自然を相手に楽しむアウトドア 時にはお知らせした情報がブレて残念な

結果に完敗で帰られる時、船頭は平誤りでしかないお仕事です。『申し訳ない・・潮が水温が』

と言い訳しながら帰りを見送り反省。昨日より今日、今日より明日へ向かい

また新たな情報収集と気象観測の情報調整です。明日も良い朝日が観れるといいな。

 

そんな時先の映画の台詞を思いだして。こんな日もお休みの日向ぼっこで

ノンビリした日もあれば。こんな日も来てほしいですね。

★ある船長のは〇しは  はだし。 

多くは語りません。

次回をお楽しみください。     船長より

 

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:せにわ屋

コメントを残す