飫肥城 大手門の概要

飫肥城大手門は明治時代初めに取り壊されていたが、昭和53年(1978)に飫肥城復元事業の第2期工事として歴史資料館とともに復元建設された。復元に際しては、当時の城郭研究の第1人者であった故藤岡通夫博士に設計、監修を依頼し、国内に現在する大手門を参考に在来工法で行った。復元された大手門は木造渡櫓二階建てで、高さ12.3mを計る。建築材は飫肥営林署の三ツ岩学術参考保護林から樹齢100年の飫肥杉4本の提供を受けた。なお復元工事中に、礎石に刻まれた正徳3年(1713)銘の碑文が発見され大手門の内側に保存されている。

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて6年目に入りました。普段は建設業の仕事をしつつ休みを利用して活動しています。これからも、少しでも日南市を全国の人に知っていただくために頑張っていきたいと思います。

ヨシユキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

飫肥城 大手門のアクセスGoolge Map

※住所から地図を表示していますが、所在地と一致しない場合もありますのでご注意ください。

近隣の【おすすめ・ピックアップ】店舗・スポット紹介