蜂の巣コテージ

宮崎県日南市北郷町【蜂の巣公園】内にある珍しい歩道橋

宮崎県日南市北郷の【蜂の巣公園】蜂の巣キャンプ場に架かる二つの橋のひとつ(双龍橋)
遊歩道を上流に歩いて行くと珍しい遊歩道が掛っています

双龍橋

皆さんが渡る橋は、日本で最初の実用吊床版橋です。コンクリートの厚さは18㎝しかありませんが、中には10本のピアノ線が入っており、215tの力に耐えるようになっています。
吊床版の原理は、1958年に西ドイツのフインスターヴァルダー博士により、ボスポラス海峡橋計画に提案されSPANN BAND(応力の帯)と命名されました。
外国には、西ドイツとスイスに同じ構造の歩道橋が3橋とコンクリート輸送のベルトコンベヤ用に1橋あります。・・・看板引用

構造

双龍橋

  • Amebaに記事を投稿

このページの投稿者:ヨシユキ

MIRANKA広報担当のヨシユキです。H24年4月にボランティアとして立ち上げて今年で10年目に入りました。 なかなか更新が出来ませんが自分なりに頑張って日南市をPRをしていきたいと思います

ヨシユキ

コメントを残す